<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 



SELECTED ENTRIES


CATEGORIES


PROFILE


ARCHIVES


RECENT COMMENTS


* ブクログ



BOOKMARK



[ポケットモンスター ホワイト]










スカイスイング







[ スポンサーサイト ]


一定期間更新がないため広告を表示しています




2011.04.07 Thursday |-|-|-




[ ありえんてぃ・・・ ]


タイトルは、ただ言ってみたかっただけ・・・


何日もたってしまったけどアリエッティの感想書きます
床下の家もお屋敷の方もどっちも一度住んでみたいよおお


※原作未読です


観る前は、
キャラクターも(絵だけで判断して)可愛いし、
家とか庭が西の魔女が死んだっぽい雰囲気でいいなって思ってたし、
ジブリのボーイミーツガールが大好きなのでかなり期待していたのですが・・・



部屋で落とした角砂糖が「わすれもの」で届けられて、
それをアリエッティが返しに行くところまでがクライマックスだったかもしれない
そこあたりまではワクワクしてニヤニヤして本当におもしろかった


見つかって顔赤くしてゆっくりティッシュに隠れるところは一番可愛かったし、
その後角砂糖を落としちゃって泣きそうになるところもよかった
アリエッティに感情移入して自分まで悲しくて悔しい気持ちになったくらい


でも中盤からは盛り上がらず、私の見たかったシーンはことごとく存在せず、
翔くんの行動原理がよくわからずとても残念でした・・・・・
あと家政婦さん怖い・・・ジブリによくある愛嬌のある嫌さじゃないから困る


ドールハウスをプレゼントするっていうのはすごくいいアイデアだと思ったけど、
それを翔くんはなぜアリエッティたちに断りなしにやったんだろう?
あれじゃ床下一家に誤解されてもしょうがない
翔くんは入院生活長そうだしおぼっちゃまだし、人とあまり関わったことなくて、世間知らずで、
本で得た知識だけは豊富な頭でっかちっていう印象
そんなとこが逆に私は好きなんだが←


滅びゆく種族云々はまさに翔くんの台詞らしくて唐突だけどきらいじゃない
自暴自棄になってる感じも出てたしきらいじゃないんだけどなあ・・・
可愛い顔してドSで鬼畜たまらないとか思った私を誰か普通にして・・・orz


お母さんを助けるためにアリエッティと翔くんが動くシーンは好きですが、
起承転結の転があのくだりだけだなんて物足りなさすぎて泣く・・・
でも窓から脱出するところはうまく言えないけど名シーン・・・

翔くんの病気設定を生かして、翔くんの窮地(発作で倒れたとか)にアリエッティが
それこそ借りを返すなんていう展開があってもいいと思った
借りぐらしだけに・・・



冒頭とラストは耳すまっぽくてキュンとした・・・



あと翔くんが美少年すぎて目のやり場に困る・・・
なんて書いたら引かれるとわかってても書くぞ←
アリエッティ目線なのか、始終顔のアップが多いんだもの・・・!
アリエッティが逃げちゃった後の葉っぱをぺたんって顔に乗せたとこが好きだ


音楽が素敵だったなあ・・・!
サントラとイメージアルバムどっち買うか考え中^^*



素敵な場面はあるし、小道具やアリエッティと翔くんも魅力的だったから
観た後まず思ったことは「なんか物足りなかったけどおもしろかった^^好きだ^^」だったのに、
時間が経つと、もっともっと見たかった場面・展開がありすぎて妄想で補うしか・・・(´;ω;`)


イメージボードの、庭でアリエッティと翔くんが見つめ合ってる絵とか最高だったのに・・・!
初期設定っぽい絵で、翔くんらしき手の中でアリエッティが嬉しそうにじゃれてる絵とかもう・・・!
  ※どれも前売り特典のミニ本に載ってた絵

一番見たかった、二人の仲良しな幸せそうな場面を全然見られなかったのが残念でしょうがない・・・


これはもうどこかの二次創作に期待してもいいよね・・・!><
スピラーとアリエッティと翔くんが3人でお友達なんてのも見たいです><



あぁ・・思ったことの半分も文章にできないorzorz
やっぱり感想書くのって苦手です;

2010.07.23 Friday 22:07|いろいろcomments(0)|-



<< 終わったmain過去の自分にさよならしてきた >>

[ スポンサーサイト ]





2011.04.07 Thursday |-|-|-





▼この記事に対するコメント


name:  url:
comment:







(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. Desined:mablog